完全に白い歯にするには

白さを保つためのケアも大切

ホワイトニングをしたあとは

ホワイトニングによって歯の白さを取り戻したなら、毎日のケアも大切にしましょう。
例えば歯の汚れは汚れや着色汚れの蓄積が原因です。
これまでのケアを見直して、自分のお口のケアについて考えてみましょう。
まずブラッシングです。
歯や歯茎を傷つけず、隅々まで磨くことが出来るアイテムであるか確認しましょう。
歯間の汚れも忘れてはいけません。
歯間ブラシやウオーターピッグといったアイテムも歯や歯茎の汚れの除去に効果的です。
歯磨き粉も確認しましょう。
例えばホワイトニング剤や歯磨き粉の成分を確認して研磨剤の強いものが無いか、また使い分けすべきアイテムなのかをチェックしておくことです。
研磨剤の強いものを電動歯ブラシで磨くと、歯や歯茎に傷が付き着色汚れにつながることも。
無理のないケアも大切です。

食生活も見直してみて

ブラッシングなどの日々のケアを丁寧に行うことでホワイトニングを長く持続させる効果がありますが、このほかにもちょっとした見直しでよりホワイトニングの効果を長続きさせることが可能です。
例えば食生活。
着色しやすい食品を口にする機会が多くないかを見直してみてはいかがでしょう。
着色しやすいものとしては、カレーや赤ワイン、コーヒー類が挙げられます。
全て食べないというのは無理がありますから、食べるタイミングや回数を変えてあげることが大切。
例えば牛乳を飲んで歯への影響を軽減させてからカレーを食べる等、ちょっとした配慮でも着色速度を軽減させることにつながります。
また喫煙や不規則な生活によるストレスも血流不足で歯の黄ばみを促進させる可能性があります。
健康的で規則正しい生活こそ芸能人のような健康的で美しい歯へとつながるのです。


この記事をシェアする