完全に白い歯にするには

見た目の印象を変えるホワイトニング

ホワイトニングとは

歯の表面を白くする方法としてホワイトニングという施術があります。
このホワイトニングは、歯医者さんや専門のサロンで行うもののほか、ご自宅でセルフケアとして行うものも存在し、手法は数多とあるのです。
一般的にホワイトニングというと、歯の表面の着色や汚れを除去し、歯の本来の明るさを取り戻すための施術です。
ホワイトニングでは歯の本来の明るさを取り戻すというものであるため、生まれつき歯が黄ばんでいる方などは、ホワイトニングをしても真っ白な歯を手に入れることはできません。
歯医者さんやサロン、またご自宅で行えるホワイトニングヲ経験したけれど、思いのほか白さを感じなかったという方は、このご自身の生まれつきの歯の色でそう感じたのかもしれません。

近年は真っ白過ぎないホワイトニングが注目

芸能人のような白い歯に魅力を感じるかもしれませんが、実は近年この歯の白さにも注目度に変化が生じています。
ご紹介したように人間の歯は真っ白ということはなく、個人差があれどもやや黄ばみが生じた淡い白色が生まれつきの色です。
そのため、必要以上に白さを追求してしまうと自然な印象から離れてしまいます。
芸能人などでも陶器のような白い歯ではなく、自分の色を尊重してキレイに見える自然な白さを求める方が増えているのです。
その影響からホワイトニングでも必要以上に白さを追求しない傾向となっています。
歯だけが白浮きしてしまうことなく、ふと笑顔になったときに自然で清潔感のある白さのある歯に見える様に歯はもちろん、歯茎の色などにも配慮されるように変化しているのです。


この記事をシェアする